読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日常のキャラクターソング(ゆっこ、みお、麻衣)のCD購入

購入しました。時定高校の三人のキャラクターソングです。三人分全部行っときました! で、まあ、一通り聴いた事だし、ざっくりとした印象でも書いてみようかなと。

ゆっこのスラマッパギだよ人生は

ゆっこのスラマッパギだよ人生は

ゆっこさんのキャラソンは、タイトル曲の「ゆっこのスラマッパギだよ人生は」、カップリングの「ゆっこのギャグ百連発」どっちもノリノリでおバカな歌になっていて、ゆっこ感満載です。これねー、歌詞がすごいんだよ。めっちゃめちゃ長い。前山田健一さん、作詞お疲れ様です!&本多真梨子さん歌お疲れ様です!という感じ。どれぐらいそんな感じかというと、下の写真ぐらい。

どう考えても文字の密度がおかしい。タイトル曲はバカっぽさ全開で、カップリングの方はダジャレ成分大盛り。プロはどんな仕事でも大真面目にやります!という見本ですかねw

全体的には、これをBGMで流している所に誰か来たら、ちょっといろいろと多面的に心配されるかもしれないような、そんな感じ? ま、気のせいかもしれませんが。

ゆっこのスラマッパギだよ人生は 本多真梨子 - 歌詞タイム
ゆっこのギャグ百連発 本多真梨子 - 歌詞タイム

追記。「スラマッパギ」の方は、どっかで聴いた事あるんだよなー。ただのロックってわけでもないしと思っていたんだけど、津軽三味線がモチーフなのかもしれない。

みおのカプってカプって萌えちぎれ

みおのカプってカプって萌えちぎれ

みおちゃんのキャラソンは、タイトル曲が「みおのカプってカプって萌えちぎれ」、カップリングは「ゆっこはほんとにバカだなあ」。タイトル曲はみおちゃんの病み具合がいろいろと炸裂していて、もうなんか、困ったなあーとw セリフ部分と歌部分が適当に混ざっていて、「アニメのキャラソン」感が楽しめる作りになってます。

で、私はカップリングの方がね、よかったです。「ゆっこはほんとにバカだなあ」。なんというかねー、みおちゃんのゆっこに対する愛がキレーに表現されていた。あとはまあ、みおちゃんが歌っているんだけど、ゆっこの魅力を歌い上げる歌でもあるので、ゆっこファンとしてもこれはよかったなと。メロディもかわいいし、聴いていてホッとします。最後の「えへへっ」もかわいいしねw ということでこれは素晴らしい! 100点満点!!

みおのカプってカプって萌えちぎれ 相沢舞 - 歌詞タイム
ゆっこはほんとにバカだなあ 相沢舞 - 歌詞タイム

麻衣の涙の阿弥陀如来

麻衣の涙の阿弥陀如来

まいちゃんのキャラソン。「麻衣の涙の阿弥陀如来」がタイトル曲で、カップリングは「麻衣のカカカタ☆カタオモイ-梵」。あー、そうか麻衣ちゃんは、漢字が正解だったんですね、と、いま気づきました。反省します。

で、タイトル曲だけど、こっちはなんだろ、ヨーロッパのジャズとか、そんなテイストの曲。あれだ、ニコラコンテとかちょっと思い出しました。
追記。やっぱヨーロッパというよりはブラジリアンミュージックですかね。ボサノバ。

リチュアルズ

リチュアルズ

  • アーティスト: ニコラ・コンテ,キム・サンダース,フィリップ・ワイス,ホセ・ジェイムズ,キアラ・シヴェロ,アリーチェ・リチャルディ
  • 出版社/メーカー: ユニバーサル ミュージック クラシック
  • 発売日: 2008/09/17
  • メディア: CD
  • 購入: 2人 クリック: 10回
  • この商品を含むブログ (16件) を見る
アダルトな風味の曲に、麻衣ちゃんの不思議ワールドな歌詞、そこに冨樫美鈴さんのウィスパーボイスということで、歌詞に細かく突っ込まなければフツーのBGMとして楽しめる一品になっております。まあ、フツーなので、フツーだと書きました!

次。カップリングの「麻衣のカカカタ☆カタオモイ-梵」。タイトルの通り、「ヒャダインのカカカタ☆カタオモイ-C」の別アレンジに、キャラソンとしての味付け・演出がしてある歌。これもまた良かった。曲はね、1クール目のOPを彩った名曲なので言うことないし、ボーカルラインが変わっていて、新しい味わい。途中のキャラの演出なしで、ド直球で全編通して歌を聴きたくなった。その点がちょっと物足りない。不満なのはそこぐらいで、楽曲としての完成度は元がいいだけに、素晴らしく良いと思います。物足りない分を減点して80点!!

麻衣の涙の阿弥陀如来 富樫美鈴 - 歌詞タイム
麻衣のカカカタ☆カタオモイ-梵 富樫美鈴 - 歌詞タイム

ふー、疲れたw で、こんだけ聴いて書いて思ったけども、前山田健一さんの働きがすごいなと。ほとんど一人で作詞作曲編曲までやってる*1。で、やっぱり歌詞がちゃんと「日常」の作品世界とキャラクターを表現してるのが素晴らしい。大変な仕事で、みんなを喜ばせようとしてくれた、その事に感謝したい。ホントね、ありがと! 「日常」ファンとしてとても嬉しい。イベント行けば良かったなと、ちょっと後悔しました。

*1:編曲は一部他の人がやってます。